福祉人材育成事業

内容

%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e8%80%85%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a

質の高いサービスは、質の高い人材育成から始まります。「福祉人材育成事業」ではこれまでにホームヘルパー、ガイドヘルパー養成講座や介護福祉士、社会福祉士、福祉住環境コーディネーター試験の受験対策講座を開催してきました。資格取得は次へのステップアップにつながります。さらに、学校や企業での福祉に関する研修会の企画、講師派遣等、障害のある方々に対する地域社会の理解の向上を目指しています。多くの障害者支援に関する専門職を育成しています。

ステップアップの重要性

専門的資格の取得は、福祉専門職としてのステップアップにつながります。それは自分の為だけでなく、利用者に対してより良い支援を行う事にもつながります。

障害者支援のエキスパート

福祉分野の中で、障害福祉に従事する専門職の割合は決して高くありません。福祉人材育成事業の意義は障害者支援のエキスパートを育てることにあります。さまざまな障害の分野に携わるスタッフがいること、障害当事者と専門職がタッグを組んでいることがピアネット北の強みです。

地域の理解

障害福祉についてのシンポジウムや学習会を開催し、地域社会の「障害」に対する理解向上を目指しています。

書籍の発行

ピアネット北では書籍やDVDの発行をするだけでなく、スタッフが多くの専門書や福祉専門職取得に向けた受験対策本の執筆をしています。

参加者の声

  • 「ポイントを絞って教えてもらえたので大変参考になりました」
  • [出題ポイントだけでなく勉強の仕方や資料も教えてもらえ、良かったです」